ミニ情報

  「年老いて最も後悔したこと」を中国のネット市民が全国の60歳以上の人を対象にサンプリング調査し、9月18日に国内誌に公表した。調査結果によると、75%の人が「若い時の努力が足りなかったこと」と答え、最も多かった。次いで、「職業の選択を間違えたこと」と70%の人回答した。更に、62%の人が「子供の教育に失敗したこと」。57%の人が「伴侶を大事にできなかったこと」、49%の人が「自分の体を十分にいたわらなかったこと」と答えている。

                                            「新華ネット9月23日」

活動のお知らせ

2017ねんどの かつどうが はじまりました。みなさん、ぜひ きてください。